最近いろんなところで

街の中でStackPackフライヤー見かけたりしていませんか?
していませんね。はいはい。わろすわろす。

omote

まぁ、でも、最近どこかに遊びに行く度に
フライヤーをぽいっと置いてきています。

土曜に矢野さんを新宿のOTO
見に行った時にも、ポイ。

kaguyaの上司さんの友達の
DJ25周年ぱーちーに渋谷AURRA
行った時にも、ポイ。

街中でチェを見かけたら、是非手に取ってみようWanted。

裏返すとこんな感じ。
ura

裏側はポストカードになってるから
旅先から友達に送ってみよう。

裏側は、Robert Leroy Johnson。
悪魔に魂売り渡したクロスロードッ!

クロスロードつながりで
ロマンクルー『Crossroad』

スポンサーサイト

ひとり いちマイケル

合掌!そして合唱!
最近のテレビはマイケルだらけだ。

あんなに、こないだまでは
コキおろしていたマスコミが
「彼の影響力は・・・」アホか!

死んだら神格化。
生き延びていたらゴシップの餌食。

めんどくさいから
みんなで聞いて歌おうぜ。

昨年夏のBBQにて、みんなが寝静まった夜中に
悪ふざけでかけ、5人をたたき起こしたことから
stack pack のテーマといっても過言ではなくなった。
そんなスリラー。


HipHop的には、SWVのRight Hereでしょ。
マイルスデイビスにもカバーされてるHumanNature。


Rock with youも名曲。


Jackson5時代の名曲も未だに僕らをrockし続けてるよ。
『I Want you Back』、『ABC』は完璧なキラーソング。
でも、HipHopあがりのDJ的には
『It's Great To Be Here』でしょ。
イントロだけでごはんが三杯食べれちゃう!
ダイエット中だから食べないけど。

【ひとりごとメモ】音楽IQについて②-J HipHop編-

音楽IQの高さを感じる瞬間のひとつに
違ったジャンルの音楽を如何に自分達の音として
昇華させるのか、という点が上げられる。

そういった意味では、
わかりやすいところだと
RipSlyme。これはFUMIYAの
作るビートが強い部分だけど。

とにかく、いろんなごちゃ混ぜしながらも
それがリップスライムとして昇華されてるんだよね。

Jointなんて、もはや、HipHopじゃなくて
ブレークビーツかつドラムンみたいな乱れ打ち具合。


ハルカリにおけるOTFの
RYO-Z先生の臨機応変なリリックやら
全体のプロデュースのうまさ考えると
リップスライムという全体の音楽IQの高さを感じずにはいられない。



ハルカリかわいい。顔とかじゃなくて
肩肘張ってないHipHop具合が。てれーんとしてる。

【ひとりごとメモ】音楽IQについて①

完璧なひとりごとメモ。
間違ってるか間違ってないか
ちょっと怪しい主観にまみれた考えを。

いろんなジャンルの音楽が好き。
それはいつもみんなに言ってることで、
HipHopやらRockやら、JazzやらPopsやら
いろんなものを聞くようになってます。

最近は周りの影響もあり
四つ打ち方面を聞いていることが
非常に多かったりするわけで。

音楽IQというものがあると
漠然と僕は思っている部分がある。

もちろん、そんな言葉が明確に
存在するわけでないんで、
それを了承した上で、読んで下さいね。

音楽ってその時代のいろんなジャンルが
影響しあって出来ている部分があります。

クラフトワークがアフリカバンバータに影響を与えて
HipHopが進化したかと思えば、
Sexpistolsの仕掛け役でもあった
マルコムマクラーレンがHipHop作ったり。

僕自身はコンポーザーじゃないから
わからないけども、いろんな音楽から
インスピレーションや影響を受けて
作られるものなんだろうと思う。

その際に、どう音楽を作るのか
どんな音楽になるのか
いわゆるアレンジだったりする部分に
音楽IQを感じることがしばしばある。

それは、音楽理論のようでいて
音楽理論だけではないと思う。
音楽の知識の量の多さでもなく
センスの問題ともまた違うように感じる。

ただし、音楽IQが高くないと
音楽のよさが見えないこともあったり。
(いろんな音を聞く中で僕自身が体験している)
それは音楽IQの高い曲を聞かなければ
磨かれないことであるように感じる。

ナチュラルボーンな天才なんて
なかなかいないだろう。
ほとんどの人がナチュラル凡人。

磨けば珠はもちろん光る。
だから、DJはいつまで経っても
Digし続けるんだろうと思う。

音を洪水のように浴び続けることで
見えてくるものが必ずある。
だから、僕はクラブが好きなんだろう。

じゃあ、音楽IQ高い人って
どんな人なの?って言われると
それは、またの機会に書きます。

いつまでもキッズでいたいもんですな

しつこいようですが
今から夏に向けての事しか
考えていない武藤です。

はー、遊びたい。
海とか山とか遠出がしたーい!

そんな夏の日にドライブするなら
踊れる乗れる音楽が良いよねぇ。
みんなでワイワイいけるような
一昔前の懐かしいメロコアとか
最近聞きたい気分が出てきます。

おそらくはシンセ聞いたダンスRockや
四つ打ちイベントになりつつある
StackPackへの小さなレジスタンスから
来ているものだと思います。
あんまり同じようなのばっか聞いてると
飽きてきちゃう生来のワガママBOYですな。


グローバー以外の人は何してるんだろう。。。
グローバーもあんまり見ませんが。



「いつまでも金ピカなまんまで輝いていくのです」
そうそう!やっぱりかっこいい!いつまでもキッズな感じでいきたいよね。


Radwimpsにも似た匂い感じる曲多いんだよねー。
なんというか、ハイスタとか通ってきたろ!お前ら!みたいな。
『アルトコロニーの定理』は非常に良いアルバムだよ。
「おしゃかさま」は間違いなく名曲だとおもうけど、
今日みたいな気分の時には、こっちのほうがいい。
そんなバラエティーがあるアルバムてこの時代に大事。

青空の下で踊ろうぜ

6月のStackPackも無事終了致しました。
みなさん、ありがとうございました。

今回もテキーラ5本、シャンパン1本の
合計6本のボトルが宙に舞うという
大変な呑み放題パーティーでした。

kintarowさんもはしゃすぎ呑みすぎ状態で
2回目のDJの時は足元ふらっふらでしたよ。

次回は8月9日!フライヤーも既に出来上がってるよ!
今回はポストカード調なんで、最近遊んでないお友達に
お手紙でも出して、みんなで呑むみたいな。
そんな素敵な出会いとコミュニティ活性化に
お役立ちできるStackPack!いぇーぃ。

実は次回の8月の前に
7月中旬以降に毎年恒例になりつつある
BBQパーティーin荒崎を開催する予定!

夏!音楽!野外!ということで
フジロックと比べると非常に小さいけど
お肉食べ放題!お酒呑み放題!
そんなパーティーになる予定です。

はらぺこ達がそろうパーティーですね。
DELI 『うまいもんがくいてー!寝ゲロ吐くくらーい!』
ARUMAKAN 『いや、じいちゃんの別荘なんでwwwかんべんwww』
って言われちゃうから、みんなきれいに使おうね。




それにしても、夏と野外と音楽って最高の組み合わせ。

今年もなんかしら夏フェス行きたいよね。
なんか楽しいのみつけたら、すぐー俺に言えー。(byビックコッちゃん)
僕とkaguyaくんが昔行った蓮沼の映像みっけた。

シャカラビちゃんかわいいね。
やっぱり、こういうメロコア、スカパンク好きだなぁ。

パーティーの続きは・・・ね?

最近はシンセづいてる感があります。

確かにエレクトロちっくなものが流行っていたり
agehaで環ROY×NewDeal(ROYくん超うめーな)を見たり、
alter ego(2年越しのRockerが聞けた時は興奮しました。)を見ていたり。

会社の同期とよく話してるのが
「シンセを使ったもん勝ちだよな」と。

POP PUNKと呼ばれるところにいる音楽も
今では、シンセがメンバーにいたりしますね。
MetroStationみたいにエモトロニカ系なんて
呼ばれるバンドまで出てきたりしてる。

確かに、今出てきているバンドやアーティストって
日本で言えば、AIRJAM世代。
Hi-Standard、Brahman、ShakkaZombie
HuskingBee、BackDropBombのように
いろんな音を聞いてきた世代。

海外で言えば
ダフトパンクやアウトキャスト、
エミネム、SUM41、Blink182などを
ごっちゃ混ぜで聞いてきた世代。

音楽が本当の意味でクロスオーバーしていく
そんな感を受けていたりします。

彼らもそんな影響を色濃く感じるバンド。

Cash Cash 『Party In Your Bedroom』


しかし、パーティーをベッドルームでやるなんて
なんて、モテ軍な奴なんだ!是非、参加させて下さい。

09年08月~12月のStackPackだよ!

stackpackFlyer090809


サボってました。
kintarowさんです。

フライヤーの新しいのが出来上がりました。
今回はクラフトペーパーで絵葉書みたいに
使えるようなものにしてみました。
メッセージを入れたりしてみたり
ちょっとしたお手紙にも使ってみてね♪

次回のStackPackでお配りします。

というわけで、まずは今月のStackPackについて

StackPack
2009年6月14日(日)
15:00-22:00
@三軒茶屋orbit

DJs
Kaguya
kintarow
ARUMAKAN
DOI
YANO
Re+
しましまめがね
Kilima-Njaro
Tamura

Live
ソラちゃん
BUCKWILD

今回はシンガーさんとラッパーさんによるライブもあれば
新しいDJも増えていたりします。

いつものStackPackと新しいStackPack。
どちらも楽しめるようなイベントになるといいな。

DOIちゃんのHipHopプロジェクト
『Kraft.』もDemoが出来上がったので
ねだってみたらくれるかもよー。
お店に置かれるようですが。
ジャケット作成中です。
プロフィール

kintarow a.k.a 610

Author:kintarow a.k.a 610
三軒茶屋はorbitにて
偶数月第二日曜15時から
素敵な音と人の集まる空間
『STACK PACK』
そんなイベントのblogです。

【kintarow】
DJ/Agitator/主にBlog書く人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード