良い休日を過ごしたもんで登社拒否。

先日、またひとつ年を重ねました。
祝ってくれる友人がいて、愛されてる自分!なんて
思ってみちゃったりして、凄い幸せだなぁとおもいます。

そんな訳で、私のパーティーということで
kaguyaとkilima-Njaroが計画/プロデュースして
長野まで行ってきたわけです。

28日の深夜に東京を出発して
一路長野へ向かう。Kilimaの車の中で
ギャーギャーと騒ぐ。寝ちゃ行けないからね。
とりあえず、強強打破は結構効くまで時間かかるね。

長野についたのが、夜の3時くらいかな?
そこから、誕生日プレゼントを頂き
酒を呑みながら語りを始める。
ひとりふたりと消えてった。
kintarow、ARUMAKAN、DOI、Kilima-Njaroが
最後までビール呑んで駄話を展開しておりました。
結局、寝たのは8時近く。しんどぃ。。。

夜が明けて、10時くらいに起床。
結局、3時間も寝れなかったな。
なんて言いながら、流しそうめんの準備開始。
もはや、僕らに流しそうめんはかかせない
イベントになってきた気がする。

そして、参加者全員に水鉄砲を支給。
バケツ一杯の水にカキ氷のシロップを溶かす。
赤と蒼それぞれ溶かす。

Tシャツにマーキングをして
2チームに分け、バトルのはじまりはじまり。
あんなに走ったのも久しぶり。
シロップまみれになったのも初めて、
女の子に押し倒されたのも初めてでした。
もうアフォかってくらいみんなぐちゃぐちゃになって
子供みたいにはしゃいで、すげー楽しかった。

その後は、温泉に行き
温泉でビールをがぶがぶと呑む。
知らないおじさん(36)に「大学生ですか?」と話しかけられる。
まさに、裸の付き合い!

風呂上りには、「30年後の俺らかな?」というおっさん軍団も発見。
その後、みんなでBBQをする。焼肉奉行病がまたも発症。

その後、部屋の中に戻っても
また延々と呑みながら話し続ける。
ひとり、ふたり、またも消えていく。
残った、DOIとKilima-Njaroと
「この夜だけは・・・」と言いながら
Tha Blue Herbしばりで延々流しながら
日本酒大吟醸をあけるために呑み続ける。
既に僕のライフポイントは0に近い。
そして、結局、時刻は3時を回る。

Tha Blue Herb 『この夜だけは』


その後、中野へ向かい
術ノ穴のイベントへ遊びに行く。
そして、Kussyさん(fragment)にたかる。
高給取りの金で呑む酒はうまいなぁー!
ほろ酔い気分で帰りながら、幸せを感じる。

たぶん、俺はこのまま、あくせくフラフラ動き続けて
家庭をもつことは出来ないかもしれないけど
うちのメンバーが子供をもつようになっても
そして、その子供達とこうやって遊べたら
それは素敵なことで、幸せなんだろうなと思う。

Kohei Japan feat. Dj Mitsu The Beats 『もしも息子が出来たなら』


本日、半休とって昼から出社します。
頑張れ、サラリーマン。頑張れ、俺。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

【ひとりごとメモ】私の考えるDJ/ClubMusic

やぁ、みんなKintarowJonesだよ。
kintarowjones.jpg

先日、YANOさんが面白いBLOGを書いていたから
それについて書いてみようと思うんだ。
上の写真は思いついたからやっちゃったんだ。
うむ。マジメなネタが切れたといわれても、否定は出来ないね。

ヤノ・オン・ウェブ 『DJをめぐるあれこれ』
http://blog.livedoor.jp/toshihirock_n_roll/archives/51307548.html

以下、YANO氏のblogより引用。

> DJの場合、葛藤するのは、DJの歴史自体に、
> 楽器を弾く身体でなくともバンドのライヴと同じか
> それ以上のアゲアゲ感が演出できてしまったという事態があったことです。
> 僕が魅力を感じたDJ、あるいはヒップホップ的なありかたって、
> むしろ、音楽なんて全然詳しくない輩がハッピーな場を
> 創出してしまったという物語です。
>
> だから、まさに「種目の変える姿勢」を体現しているのは、
> 他ならぬ「サークルノリの延長のDJ」であり、
> 僕のヒップホップ的な物語において打倒されるべきは、
> 俺のような(どちらかと言えば)「頭でっかちのDJ」なのです。
> この点が悩ましい。

このあたりの文章が非常に興味深かった。
これはすべてのDJが葛藤するんじゃないのかな。
あくまでもストイックに追求をすることを求める部分も
音楽というものをアートとして語る上では欠かせない。

ターンテーブルが楽器になることで
新しい文化が生まれてきた結果が
今のCLUB Musicシーンでもあるし
一方で、元はブロックパーティーから
DJやイベントは生まれてきたという説を
信じれば、もっと卑近で身近なものである。
(サークルノリ=身内ノリと僕は理解している上で、ですが。)

僕にとっては、Rhymesterのグレートアマチュアリズムって
Club哲学を表していて共感も出来る曲だったりします。

宇多丸師匠のバースの中で
「ブサイク、音痴だって歌えちゃう、すげぇ敷居低ぃ歌唱法
 ちょうどオレが生きた証拠」ってのがある。
これって、僕がRap始めた時とおんなじ感覚なんだよね。
それでも、それなりに楽しくROCKできちゃったこと
アゲアゲしちゃえる、この下克上感がクラブの面白いとこで。



あったりまえにかっこいいもんだけじゃなくて
「えぇー、こんなのが・・・でもかっこいい。ビクンビクン」みたいな。
楽器を使えない人たちがサンプリングで表現したHipHop。
まさに、We gotta Jazz~♪みたいな。

なんか、そういう面白いことをすることが大事なんじゃないかな。
PCDJさえあれば、ピッチやら頭だしは誰でも出来るようになる。
きっと、DJはもっと身近になっていくだろうという時に
これから、必要なのはこういったユーモア、アイデア。

そして、お客さんをみてどんだけ
気持ちよくさせてあげることが出来るかなんだと思う。
それは、スキル/テクニックもそうだし
雰囲気をいかによく作ってあげるかというセンス、
楽しい場を作ってあげる為のコミュニケーション。

以前にkaguyaさんが呑んでいる時に言って
今でもネタになっている『DJとSexは似ている』。
いや、でもその通りだと僕は思うのです。

テーマ : DJ/CLUB
ジャンル : 音楽

言葉による影響とBossTheMC

最近、Kilima-Njaroと二人で車に乗ると
難しい話をしていることがある。
僕の知能指数は相変わらず、2くらいだけど。

最近、マーケティングについて
本気で勉強し始めた彼の言葉は
音楽と雑多な読書と漫画と
個人の体験から出来上がっている
僕に結構影響を与えてくれる。

今までHipHopを聞かなかった彼が
格好良いというHipHopはBossやBigJoe。
どうやら北のラッパーがお好みのようだ。

彼の実家が富山/石川で北海道に住んでいたこと。
冬は雪に閉ざされる世界から出てきた言葉たちに
何かしら通じるところを感じるのかなぁ。

どちらも声とメッセージ性が魅力的というのが
僕の中での共通点だったりするわけで。

ところで、メッセージ性ってなんなんだろう。
僕らが言葉を発する時点できっと誰かに
何かを伝えている。じゃあ、メッセージ性って?

僕にとっては、『僕はこう考えてますよ』って表明すること。
それが会社だったら、理念とかになるんじゃないかな。
借りてきた言葉でなくて、その人の言葉で伝えること。

逆に普段考えてないことを言うから
メッセージがチープになったり、うそっぽくなる。
まぁまぁよくあることですよね。

DJ BAKUの新しいアルバム、『12Japs』聞いたよ。
12人Rapper、この中で間違いなく、群を抜いて格好いいのはBoss。
この人はブレない。最近親父の小言みたいになってて
それも、「あぁBossもおっちゃんになったんだな。リアル!」って
思っていたんだけど。愛すべきJhiphopに対する
Bossの言葉はあたたかい。キリコみたいな愛情を感じる。
あぁ、この人もClubが、HipHopが好きなんだなって思える。

THE 12JAPS (初回限定生産盤:DVD付)THE 12JAPS (初回限定生産盤:DVD付)
(2009/07/22)
DJ BAKU漢

商品詳細を見る


なんか、逆にBigJoeはLostDopeの時の方が良かった。
北海道出身の二人の対極さが印象に残った。

テーマ : DJ/CLUB
ジャンル : 音楽

【ちょっと速報】shing02はすげーな。

shing02のかっこいいなと思う点は
色々あるんだけど、インテリ具合もそうだけど
internetを上手にお使いになられてる。

twitter
sessionした音源をあげていた。

GOAL_OVERLAP_REH.mp3

しかも、12japsのあの曲の別トラックver。
この凄い動いている感がまた凄いと思う。
多作だ。しかも、かっこいいじゃないか。

-------------------以下、twitterより---------------------
昨日のリハ音源 >http://tr.im/x4bV
Emi Meyer (p) 服部将典 (b) 山口元輝 (d) 竹島愛弓 (vln) Shing02 (mc)
-------------------以上、twitterより---------------------

firestorageにあげていること考えると
最大で1週間程度しか持たないね。
早めにダウンロードしてプレイヤーにぶち込もう!

こちらも宝の山でございます。
http://www.e22.com/shing02/dl_j.htm

個人的には『black is beautiful』の
ライブ中と思われるshing02の語りが好き。
凄い良いことを言っていると思う。

http://www.e22.com/
サイトではリリックも見れるので
是非、見てみてもらって欲しい。
ラッパーは自分の発言に責任を持たなくてはならない。
そう言ったのは誰だっけ?CL smoothだっけ?
誰が言ったのかは覚えてないけど、とても大事なことなのだ。

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

そろそろ2年になりますね。通して8年。

次回のStackPackが10月11日であることは
皆々様、周知の事実かと!事実かと!思うわけです。

べ、別にあんたの為にはるんじゃないんだからね!
omote
はいはい、ナイスツンデレ。

まぁ、思えば、三軒茶屋orbitで
StackPackをやるようになって
2年たっちゃったりしてるわけですよ。
ふー、2ndAnniversary!

だからといって、特別な事はしないんだけどさ。
どちらかといえば、kaguyaとKilima-NJaroの
誕生日プレゼント何にしよーと自分の迎える前に
ふわふわ考えているぐらいなんです。

まぁ、本当に2周年だからって特別な事はしない、はず。
オーガナイザーとしては、そういうつもりでいるんです。
以前に書いたみたいにクラブって空間は非日常でも
StackPackがあること、StackPackに行くことは
日常になればいいなぁと思っているのです。

2ヶ月に一度、必ずあなたを待っている人がいる。
あそこに行けば楽しいよってなるといいなぁと。
そういう意味で、続ける事に意義があって
いつまでもそばにいるんだよって言いたい。

StackPackが目指しているのは
『大人の遊び場』であり、『生活に音楽を』で
音楽を通して、人と人をつないでいけたらいいなぁと。

そういった意味では、この1年間で変わったことが
結構あることにも気づいた。

【1】人が増えた
orbitの最初は、kaguya、僕、ARUMAKAN、deii(fragment)だけだよね。
まわす時間が多すぎて、逆に困ったもんだった。(笑)

【2】StackPack育ちのDJが出てきた。
これが一番嬉しくて、しょうがないことだったりしてる。
DOIちゃんとかは、前から知っていたしアレなんだけど
Re+、DJ LAMU(たむら)、Kilima-Njaroはイベントに来て
『俺も(私も)DJやりたい!』って言い出してくれた人たち。
なんか、そうやってDJを始める人が出てきてくれたのは
ある意味、狙い通り!ニヤリ状態。

しましまめがねさんのお客さんの
小山君もこれからDJを始めるだろうし
僕らから何かが発信出来ているのかなと
凄い嬉しいことだったりします。

というわけで、みんなに会えてよかったよという
感謝の意味も込めて、去年もやったけど
各DJによる選曲の3曲をまとめたコンピCDは
今年も作ろうかなぁと思うよ。(2ndAniv用)
人も増えたし、2枚組が満タンになるような奴。

それでは、去年のコンピに入っていた曲を何曲か。

イデイくん、クッシーさんのfragmentと環ROYくんのガチンコだ!
環ROY×fragment 『MAD POP』


某動画サイトで有名なMADとはコレでした。
Capsule 『Super Scooter Happy』


矢野さんがStackPack(渋谷Game時代)でかけてました。
もうあの頃から、あの人はガイキチだな。
サザンオールスターズ 『愛の言霊 ~Spiritual Message~』

テーマ : DJ/CLUB
ジャンル : 音楽

Beatは続くよ。Phantogram『Eyelid Movies 』

Jay deeが2006年に亡くなってから
音楽雑誌には『ポストJ dilla!』という声が
凄い並ぶようになった気がする。

メディアは人が死ぬと神格化していく。
この構造自体は凄い嫌いなんだよね。

でも、明らかにJ dilla以降ってのは
影響としてはあると思うんですよね。
実際、僕自身も凄い聞いてきたし、
今でも聞いてたりするもん。

プリモ先生もかっこいいし
PeteRockもかっこいい。
Dreもそうだし、Q tipも好きだ。

でも、やっぱりThe Pharcyde『Labcabincalifornia』は
僕がHipHopへとのめり込んでいく一端を担ったし
僕のHipHop感に強く影響与えられてると思う。

そういった意味では、彼らも
J dilla以降のビートと書かれる事には
抵抗がないんじゃないのかなと思う。

実際、ビート感は似たものを感じるし。
Jaydee聞いてきたんだろうなぁとも思う。
まぁ、bbeから出してるしね。(笑)

うちのDJなら、DOI先生、ARUMAKANが好きそう。
まぁ、この二人と僕がもれなくこういうビート好きだからね。

PHANTOGRAM『mouthful of diamonds』


EYELID MOVIESEYELID MOVIES
(2009/07/22)
ファントグラム

商品詳細を見る

テーマ : DJ/CLUB
ジャンル : 音楽

今から行くよ。

kaguyaが出るイベントにこれから行くよ。
でも、neohachiがまだエンコしおわらないんだ。
これじゃmp3プレイヤーに入れられない。

待ってておくれー。
Secobarにセコセコ向かう。
車で行くかマジ悩む。
でも、その後ラーメンとか食いたくなりそうだ。
うむぅ。電車でせこせこ行くとしようか。

Glitter Lips

PERFORMER
[Guest DJ]
danny
[Guest LIVE]
URBNYTZ
はざまバンド
工藤昌幸
[VJ]
inc:kok
DENDRO-VIEW
DJ
Forneus
kaguya
OPEN
16:00
ENTRANCE
2000yen/1d
GENRE
ALL GENRE

テーマ : DJ/CLUB
ジャンル : 音楽

面白いもの見つけたー!

DOI先生がイベントに出るので
全員集合するようにとお達しが出ました。

行って来ました、代官山。
とりあえず、イベント前に前回の反省会でも
しようじゃないか、しようではないか!と。
店を探すも、さすがおしゃれシティ。
タバコがすえない店多い。

やっと入ったと思ったら
頼んで出てきた水はぬるいし
じゃがもっちもちは中がシャーベット。。。
そうですよね。こんなオシャレシティに
僕らみたいなブルーワーカーが・・・

まぁ、その後コンビニで1時間くらい
酒かっくらってバカみたいな話を
ずっとしていたわけですが。
※とりあえず、11月は何かを狩りに行きます。
冬になったら、冬山にかまくら作りに行きます。

1時になり、DOI先生から
「どこにいる?」とお呼び出しがかかったので
kintarow、kaguya、ARUMAKAN、Re+、Kilima-Njaro、
5人全員でラリPのまねをしながら、(参照URL
「晴れたら空に豆まいて」に行って来ました。

もう、そこでやんばいの
見つけたから書いておく。

neohachi
neohachi.jpg

最初は、
kilima「おっ、女の子出るじゃあないか。」
kaguya「kintarowさん、かわいいですよ。」
kintarow「女の子かわいいお(*´∀`*)」
kintarow「これで狂った音やってくれたら
      もう、大変ですよ。興奮しちゃう。」
kilima「あらびきwwwww」

なーんて明らかに不純な目線で見てたわけですよ。
この3人がクソッタレメダリストですからね。金銀パール。
いたしかたないよね。

結論から言うと
全員興奮しておりました。

もうさ、声をカオパでうにょんうにょんいったり
それがオケになったり、たんまらない感じでした。
なんというか、トランシーなんだよね。

こんだけのミニマムの構成で
こんな面白い世界を表現されたら
もう興奮しちゃう。

そっからの僕の興奮ようは
正直ひどかったね。

「アレStackPackに入れる!」
「土下座でもなんでもしようぜ!」
「お前らみんなが反対してたら、俺がルールだ言ってた!」
ひどいな、俺。もう26歳になるんだから、もっと大人になろうぜ。





お話してみるとお二人とも凄い感じが良くて
かわいらしいお姉さんたちでしたね。
こんなかわいらしいのに、あんなに変態だなんて!
たまらない!あぁ!(*´д`*)ハァハァ

え?音の話ですよ。
そういう意味じゃないですって。
イデイくんたちとも会わせてみたいな。
なんか面白いことになりそうな予感がする。

とりあえず、blogとか見てると吉祥寺近辺な
匂いがプンプンするので、今度呑みに誘ってみようと思います。
え?音の話?ちょっとしかしませんよ!
僕らみたいなダメ人間だといいな。

嬉しい時になると出るというellyさんの
ビールジョッキを頭に乗っける動き見てて
「あぁ、こっち側だな」ってあたりはつけてるんだが。

rhythm of wonderrhythm of wonder
(2008/01/30)
neohachi

商品詳細を見る

テーマ : DJ/CLUB
ジャンル : 音楽

ハッピーな気分になれる事が大事なんだ

僕がクラブに求めることは
何より『俗世を忘れられる』ことだったりする。

普段の生活のことなんか忘れちゃって
酒かっくらったり、汗だくで踊ったり
良い曲がかかったら大きな声を出してみたり
女の子と吐息がかかる距離で話をしたり。
どれも、いわゆる日常ではなく非日常的。

どうせ、非日常なんだったら
憂きを忘れられた方が良いというのが
僕の考えだったりします。

映画でも、ドラマでも、漫画でも
ハッピーエンドが好きなんです。
嬉しい気分になれるものが良い。

音楽でも楽しく踊れることが
一番楽しいんじゃないかと思うわけです。

そんなハッピーな気持ちで
思わず踊っちゃう曲のご紹介だったりします。

TVかなんかで流れたりしてたと思うので
Lucky Soulは結構知られていると思うんですが。
Lucky Soul 『Add Your Light To Mine, Baby』


Ali Howardの女子ボーカル具合がラブリー。
60年代とかっぽいようなキャッチーな音が
女の子受け抜群!って感じしますよね。
こういう女の子がキャピキャピしそうなの好き。

そして、ボブっていうのかね、
こういうショートカットの女の子好き(*´∀`)

Ali Howard 
alihowardphoto.jpg
お人形さんみたいだね。

LuckySoulのレーベルから出たらしい。
そんなレーベルを持つまでになっていたのか。。。
知らなかった。

Napoleon
『Bohemians Won The Series And The Little Guy Joined The Band』
アルバム名なげー!そして、バンド名、検索でずれぇー!
ボーカルの髪型が水嶋ヒ○みたい!くっそ、モテるんだろーなー。

Napoleon-Bohemians_Won_The_Series_And_The_Little_Guy_Joined_The_Band-2009.jpg

まさに男版ラッキーソウル。
楽しく踊れて、POPなサウンド!
ソウルとかの延長にある踊れる音だよね。
日本で言えば、NONA REEVESっぽい。
クレイジーケンバンド好きって人とかも
もれなく喜べるサウンドじゃないかな。

女子コーラス入るあたりも凄く楽しい。
まさにBandサウンドの楽しさ、ここにあり!

全編とおして、そんな感じなので
オサレなカフェとかで延々流しておけそうな
goodmusicでございます。これもまた今年のベスト盤候補です。

Bohemians Won the Series and the Little Guy Joined the BandBohemians Won the Series and the Little Guy Joined the Band
(2009/06/12)
Napoleon

商品詳細を見る

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

youtubeで見つけた面白いもの

最近は音楽の制作環境がPCに移行して
気軽に誰でもRemixを楽しめる環境に
なりつつあるのではないかな。

ニコニコ動画やyoutubeに溢れてる
マッシュアップものやMADを見て考えたりしてる。
これは面白かった。



MP3はこちらからDLできます。
Capsule x Daft Punk x Beastie Boys - Starry Sky YEAH! Remix
http://www.zshare.net/audio/502247619d82594e/

誰もが簡単に音楽に触れることが出来る環境。
それは、凄いことだし、良いことだ。
出来れば、その勢いというか
流れがクラブ方面やらに流れるともっといい。

Olive oilがRemixかなんかのインタビューで
『日本だとトラックを作ってるってオタクっぽいじゃん』
『海外だとそんなことない』みたいな言葉が
今の日本のクラブシーンや音楽のシーンに
確かにある側面を示してると思う。

たとえば、ニコラップという存在。

HipHopのストイックさがオタク/サブカル層に受けるのは
排他的な部分が自分を守る殻になる構造の類似からだ。
そのせいか、アンダーグラウンドは演劇の方向へ行ったし
より難解である事が先端であるような風潮になった。

まぁ、これもある一方向から見たときの
シーンに過ぎないのもわかっているんだけどね。

でも、なんかクラブは遊び人のものではなくなった。
クラブもクラブミュージックも遊び人のものであるべき。
もっとゆるゆるといこうぜ。そして、みんなで呑もうぜ。

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

まさに俺ROCK FES状態

先日のSTACKPACKにて
OPENのRe+の次という非常に
人が少ない状態でまわしました。

Re+のいつもどおりのズブズブ状態から
いかに上げていこうか、どうしよう。

でも、世間はサマソニ、サマソニ言ってたわけですよ。
Twitterみてもホリ○モンですら、サマソニ行ってる。
夏はやっぱりRockFesなんだろうな。

というわけで、ひとりRockFesをしたれ。
そう思い、ROCKばかりの選曲をしてました。

しかし、最近のRockは非常に面白いよね。
エレクトロ入れたような踊れるRockが増えているのも
確かなんだけど、それ以外にも楽しいバンドが目白押し。

個人的な意見ではありますが、
女の子ボーカル入るのは好きです。
チャットモンチーだって好きだったさ。

最近だと女性ボーカルと男性ボーカルの掛け合い的な
バンドが増えてきていて、それがどれも踊れるのが
非常にUsefulなわけだったりします。

Los Campesinos 『Death To Los Campesinos!』

女の子ベースってなんだかエロスだよね。
そして、バンドのキーボードの女の子って大抵かわいいよね。
けいおんならムギちゃんですよ。

Alphabeat 『Fascination』

これも、踊れる音楽ですよね。
StackPack内でピカイチのクソヤローで
有名なKilimaNjaro先生がよくRemix流してるよね。
これはPVの頭の悪そうなところが好きです。
とにかくダンスしまくり。fascinatedで魅了される。
魅力とかそういう意味なんだけど、俺らが完璧に魅了されてる。
そういう意味でも凄く好き。

そんな私の最近の一押しはコチラ。
LACROSSE 『WE ARE KIDS』

これは完璧に踊れる。全曲そうとう良いアルバムだよ。
このPVでロボット歩きみたいにずっと手を上下に振ってる奴。
お前、ばかだねー。最高!正解。この無表情感。はんぱないです。

テーマ : DJ/CLUB
ジャンル : 音楽

今夜はびーといっと!

8/9 StackPackも無事終了。
夏休みということもあり
若干、普段見る顔がいなかったり
ちょっと告知不足を反省するkintarowです。

また、僕の誕生月ということもあり
皆々様からお祝いしていただき
まことにありがとうございました。

僕の誕生日は、8月29日なんですが
実は、マイケルジャクソンと同じ誕生日なのです。
最近、話題になったお塩先生がカートコバーンの
生まれ変わりと言うのなら、僕はマイケルの生まれ変わり!
そう言っても差し支えないのかと。
ちっさい頃に、家族でマイケルの
東京ドーム公演見に言ったけどさ。(笑)

んな訳で、今回のStackPackの目玉は
個人的には、みんなに課した「1マイケル」でした。

マイケルタイムと称して
みんなでマイケルの名曲を
バック2バックでぐるぐる回してたわけです。

それにしても、ドレも名曲。
まさしくマスターピース!
さすが、KING OF POP!!!

そこで、こんなものを見つけたので
みなさんにご報告。

SOUNPUBがマイケルジャクソンの
『Beat it』のremixを自身のHPで
フリーダウンロード出来るようにしてました。
無料でダウンロード出来るので、
みんなプレイヤーに入れて聞こうぜ!

SONPUB | PHOENIX PLAYERS MUSIC
http://www.sonpub.com/


マッシュアップMovieはこちら↓


しかし、SONPUBって見事にエレクトロの人になったね。
もうHipHopはやんないのかな。

テーマ : DJ/CLUB
ジャンル : 音楽

木漏れ日の中で優しい音を聞こう

先日、友人の結婚式に行ってまいりました。
僕と小学校、中学校おなじで、
中学校では部活も一緒だったわけで。

久しぶりに連絡きたーと思ったら
「結婚します!司会やって!」ですよ。(笑)
どんだけハードルの高い、出席確認だ!

お嫁さんも小学校、中学校同じ子でさ。
だんなは結構おとなしい感じのいい奴なんだけど
嫁は、なんというか、噛み付くタイプの子で。
「えぇ?あの二人が?(笑)」なんて思ったりしたわけだけど。
聞いたら、小学校-中学校の時にも付き合ってたらしい。

うへー。初恋が実ったみたいな!
そんなこともあるんですね。すげぇ。
こし、よっこ、おめでとう!

そんな二人の為に愛のある曲が聞きたいなぁと。
夏だし、アコースティックな爽やかな音でも聞いて
この夏をすごしてみたりするのも良いかと。

まぁ、愛のある感じに程遠い僕ですが。(笑)

サーフロックはやっぱり、夏には良いよね。
この人の歌声はなんか良い感じで好き。

Tristan Prettyman 『Love Love Love』


家族の愛情の中でも、母と子の愛情は恋愛に似ている。
寺山修司だっけ?そんなことを言ってたよね。同感。

ハナレグミ 『家族の風景』


強いおとな、強い親になってください。
まぁしっかり覚悟決めただけで俺より全然すげーよw
結婚式後に「昔っから頼りっぱでさー」とか言うな。泣けてくる。
こちとら、まだまだお子様しておりますからね。

Des'ree 『You Gotta Be』

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

プロフィール

kintarow a.k.a 610

Author:kintarow a.k.a 610
三軒茶屋はorbitにて
偶数月第二日曜15時から
素敵な音と人の集まる空間
『STACK PACK』
そんなイベントのblogです。

【kintarow】
DJ/Agitator/主にBlog書く人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード